小鳥のおうち

シロハラインコ、ウロコインコ、小桜インコ、セキセイインコ、文鳥などを飼っています。その仔たちの普段の様子を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しく仲間入り♪

小雪ちゃん

皆様、お久しぶりです。
体調は相変わらずですが、忙しい1日があれば、次の日はダウンという日を続けております。
昨日は朝起きて、子供達(ペット)のお世話をして、そのままダウン。
寝込んでしまい、まともに起きれたのが夜の10時でした。

話は変わって、豆太くんにお嫁さんが来ました。
白い女の仔、「小雪ちゃん」です。
今年の1月生まれなので、豆太くんよりは少しお姉さんです。
広島で探しましたが、キンカチョウのヒナなら2羽居る店舗がありましたが、女の仔かどうかが分かりません。
確実に女の仔が欲しくて、岡山県のペットショップへ電話を掛けまくりました。
それが居ないのです。
「キンカチョウは、絶滅危惧種なの?」と主人と話していたら、電話が鳴りました。
岡山県岡山市のペットショップからの電話で、「1羽だけ、1月生まれのメスがいます!」との朗報でした。
次の日、朝から岡山市へ行きました。
見せて頂くと、白いキンカチョウばかり4羽居ました。
その中の1羽だけが女の仔でした。
私は白いキンカチョウを見たことがなくて、「これ、キンカチョウですか?」と疑って聞いてしまいました(笑)
まるで見た目は十姉妹です。
でも、鳴き声は確かにキンカチョウです。
「どうされますか?」と聞かれて、「下さい!」と言っていました。
頭は突かれてハゲているし、尻尾もあまりありませんでしたが、「生えてきますよね?」と聞くと「多分、、、。」の答えに希望を持ち、お迎えしました。
最初は別々のケージで様子を見て、「何か、いい感じね。」と、一緒にしてみました。
小雪ちゃんを入れた時にはお互いパニクっていましたが、それもすぐに落ち着いて、近くに寄ったりしていました。
それで気の早い私は、「ツボ巣、ツボ巣♡」と買いに出たのでした。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。