小鳥のおうち

シロハラインコ、ウロコインコ、小桜インコ、セキセイインコ、文鳥などを飼っています。その仔たちの普段の様子を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫うずらの卵を育ててみます♪

うずら

昨日、ヤフオクで落札した「姫うずら」の卵が送られて来ました。
5個ということでしたが、即決価格で落としたからですかねぇ?
7個入っていました。

卵にはA〜Dの印を付けて、5時間起きにAからBという風に転卵します。
それを毎日繰り返します。
大変だぁ!


うずら

パンテオン(爬虫類用飼育ケース)に100Wのヒーターにサーモスタットをセットして、濡らしたタオルを敷き、コップに水を入れ、温湿度計をいれました。
温度は37度、湿度は75%必要です。
でも、思うように温度が上がりません。
湿度も足りません。


うずら

そこで、パンテオンの中にプラケースを入れ、小さいヒーターを中に足しました。
すると温度はどんどん上がり、40度まで上がりました。
ヤバい!卵が煮える!
小さいヒーターは、プラケースの外に付けることにしました。


うずら

なかなか37度にならないので、ヒーターが邪魔になりましたが、プラケースの蓋をしてみました。
すると、35度まで温度が上がりました。
これ以上、やりようがありません。
湿度は全く上がらず、55%程です。
パパが、「密閉せいや。開いとるけえ、逃げるんじゃけのぉ。」と言いますが、卵ちゃんも呼吸しているのでは?と思うのです。

ああ、どうか無事に孵ってね、姫うずらちゃん♡



ありがとうございますm(_ _)m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。