小鳥のおうち

シロハラインコ、ウロコインコ、小桜インコ、セキセイインコ、文鳥などを飼っています。その仔たちの普段の様子を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆太くんは豆太くん

豆太くん

豆太くんは豆太くんでした。
やはり、男の仔だったんです。
地元のペットショップで、「メスを下さい」と豆太くんを連れて行ったら、「ああ、この仔はメスよ。オスじゃったら、もうこの辺が赤うなっとるけぇねぇ。メスよ、メス。」と言われ、納得がいかないので、「胸のあたりに縞模様が出て来てるし、頬も薄っすら赤くなって来てるし、、、。頂いたんですけど、その方がオスだっておっしゃってましたし。」と反論しました。
すると「その方、素人さんでしょ?メス!メス!ペアにするんなら、オスを買わんと!」と、なんぼ言っても聞く耳持ちません。
私も素人ですし、でも、ネットで調べていたので頑張りましたが、メスを売ってくれそうにありません。
「このおばちゃんの言うことを信じてみるか、、、。」と言う気になり、オスを購入することにしました。
2日後、豆太くんは立派な男の仔に変身しました。
パパ「あと2日待って買いに行けばよかったのぉ。」
私「でも、縞模様出とったし、頬も赤うなっとったが?」
パパ「あのおばさん、聞きょうたら、何言うてもだめじゃ思うたで。」
私「あのおばさんの方が、素人やんけ!メスくれぇ、よーるんじゃけぇ、メスくれりゃぁええのに。オス2羽おってもしゃーないやん。」
パパ「今度はよそで買おうやぁ。」
私「○○さんに聞いてみる。(豆太くんを頂いた方)」
理由を話して、もう1ペアのヒナにメスがいたら頂くことになりました。
○○さん、いつもありがとうございますm(_ _)m
今度はお土産をお持ちしたいので、事前にご連絡下さいね♪




ありがとうございますm(_ _)m

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。