FC2ブログ

小鳥のおうち

シロハラインコ、コザクラインコ、オキナインコ、錦華鳥、犬、フクロモモンガ、ハリネズミ、ファンシーラット、ハムスターが居ます。日々の暮らし、ペットたちのことを綴っていきます。

トラックとうちの主人

トラック

私「ギャハハハハ!マツケンやて!マツケンサンバじゃ!」
パパ「ほんまじゃ!『にんべん』がいるのぉ。」
私「じゃあ、マッキーの太いやつで、『にんべん』と『サンバ』書いとっちゃろうや(笑)」
パパ「夜中に書きに行くか!?(笑)」
私「見つかっちゃあいけんけぇ、午前2時か3時がええよ。」
パパ「ほうじゃのぉ。」
私「どこまで行くか追っかける?」
パパ「追っかけるか?」
私「あっ!曲がったで!」
パパ「ここの住宅かぁ。」
私「いつでも来れるなぁ(〃゚艸゚)♪」
パパ「ほうじゃのぉ。ここの住宅なら、どこかすぐに分かるわ。」

「マツケンサンバ」で主人と冗談を言って盛り上がりました(笑)

いつもこういう会話をしているし、私たち夫婦は「組長&姐さん」と呼ばれているので、周りの人は「本当にやりそう」とビックリしますが、社会のルールは守っています。

主人は見た目は「組長」ですが、バスの停留所ではお年寄りに席を譲りますし、バスに乗って来るお年寄りに席を立って手を貸す優しい人です。
今回免停になってバスに乗る機会が何度もあり、そんな優しい部分を新しく発見しました。

主人は正義感の強い人でもあります。
主人はまだ見える方なんですけど、全盲の方が盲学校で「8時30分より前に学校に着いても学校に入れないならどうしたらいいんですか?」と言う質問に、先生が「見付からないように入って下さい。」と言って、その応えに全盲の方が困っていると、「見えんもんを困らせる様なことを先生がようてどうすんな!?分からんのなら、分かるもんを連れて来いや!いじめるようなことを言うな!」と怒ったそうです。
あとで担任の先生が主人の所へ謝りに来ました。

私は正義感の強い、優しい主人が大好きです。


ブログランキングに参加しています(^-^)/♪
ポチりとお願い致します┏○))ペコリ

ありがとうございました( ✿˘︶˘✿ ).。.:* ♬*゜

スポンサーサイト