小鳥のおうち

シロハラインコ、ウロコインコ、小桜インコ、セキセイインコ、文鳥などを飼っています。その仔たちの普段の様子を書いています。

2013年07月の記事

久しぶりに、キィちゃん登場です。

キィちゃん
4月にやって来たコガネメキシコインコのキィちゃんも、背中の色が緑色から黄色に変わって来ました(仰向けですみません。甘え中です。)
だんだん大人になって来ました。

この間、娘が食べている鶏の唐揚げを食べました(共食い)。
ご飯も食べてました。

コニュアの本に、「一緒に食卓を囲んでも良い。人が食べる物を(肉や魚など)一緒に楽しんでも良い」と書いてありました。
もちろん、食べてはいけない物もあります。
でも、食卓を一緒に囲めるなんて、楽しいし、嬉しいですよね。
キィちゃんは、基本的に娘が面倒を見ているので、私はコニュアはウロコちゃんたちで楽しみます。
スポンサーサイト

ぴーちゃんとチェリーちゃん

ぴーちゃんとチェリーちゃん
やっと無精卵を産むのを止めて、抱卵も諦めたらしいぴーちゃんと、チェリーちゃんです。
それまでは、必死に抱卵していて、姿を見せることもなかったぴーちゃんですが、最近はしょちゅう姿を見せるようになりました。
どうやら、抱卵を諦めたようです。
いつ、無精卵を取り上げたらいいかわからず、ずるずる日にちが経ってしまいましたが、もう取り上げてもいいでしょう。
巣箱も出します。
なんだか、可哀想なことをしてしまったような気が、、、。
来春、チェリーちゃんがオトコになったら、また巣箱を入れてやります。
色変わりが産まれたら、嬉しいな。

僕が!私が!

りおんとちくわ
カメラを向けると、僕が!私が!と寄って来る、りおんくんと、ちくわちゃんです。
ブランコに乗ってる所や、バードテントに入っている所を撮りたいとカメラを向けると、すぐに寄って来て、撮ることが出来ません。
我先にとやって来て、カメラに写ろうとします。
カメラの上下に合わせて、移動します。
だから、放鳥時以外、こんな写真しか撮れません。
残念です。

う〜ん、賑やかぁ。 [お知らせ]

「ギャーギャー!ピーピー!チュンチュンピピピピピ!ちくわちゃん!ギャーギャー!」
11羽のインコ(ウロコ、オカメ、小桜、セキセイ)の鳴き声で、とにかく賑やかである。
ところどころに、「ちくわちゃん!」と入るので、「はっ!?」っと思う(笑)
「ちくわちゃん、名前を言えるようになったんだぁ。」と思いながらも、ギャーギャー言いながら言わなくても、放鳥時に言えばいいのに、、、と、ちょっと残念に思う。

たまにオカメのねぎまくんと目がバチッと合う。
「ヤバい!」と思う。
甘えん坊で、いまだに挿し餌をねだる。
「ジージージージー」と挿し餌をねだり始める。
とにかく無視!
「ジー!ジー!ジー!ジー!」
「あのねぇ、ねぎまくん。大人の餌、食べれるでしょ?食べてるとこ、ママみたよ。大人の餌、食べなさい。」
「ピーピーピー」
大人しくなる。
いい仔だなぁ。


[お知らせ]
主人のことで、ご心配下さった方、ありがとうございました。
無事、手術も終わり、退院して参りました。
ただ、ほとんど見えません。
手術の際、ガスを注入しての術式だったんですが、ガスがまだ2割しか出ておらず、全部出るまでには1ヶ月近くかかりそうです。
ガスが全て出切ってから、視力がどの程度まで戻るか(元には戻りません)わかりませんが、今の時点で、既に線が波打って見えているそうです(泣)
今回は左目でしたが、右目の網膜剥離をしたときも線が波打って見えていたそうなので、不安です。
でも、ガスが抜けてみないとわからないこと。
希望を持って、待ちます。

産まれたて、ホヤホヤ

今日、産まれた。
カラージャービルのルビーちゃん、今日3度目のお産(4匹)をしました。
2度目のお産をした仔スナ(2匹)がお産のときにいて、私が気付いたときには、仔スナが赤ちゃんを転がして遊んでいました。
慌てて仔スナをプラケースに移して、ケージを買いに行きました。
オスは既に別のケージに移しているので、これ以上増えることはないと思います。
1度目のお産のときの仔スナたちは、死んでしまいました(泣)
なので、仔スナは全部で6匹です。
カラージャービルは増やそうと思っていましたが、もう充分です。

お知らせとお詫び

主人が、緊急入院しました。
左目の、網膜剥離で、失明の危険があるからです。
本当は、今日すぐに手術をすることになっていましたが、紹介先の病院で手違いがあったようで、明日になってしまいました。
とにかく、安静にしておかないと、網膜がどんどん剥がれてしまうらしいのです。

主人は、以前、右目の網膜剥離をしており、ほとんど見えません。
それなのに、今度は左目です。
左目の真ん中は、もう剥がれていて、視力は1.0や1.2はもう望めないそうです。

昨日の15時半頃、主人は「目がおかしいから、病院へすぐ連れて行ってくれ」と言いましたが、疲れ切っていた私は、「様子をみたら?」と言って、寝てしまいました。
20時、やっと目が覚めると、主人も寝ていました。
主人を起こし、食事をし、テレビを観ていた主人が、「目が見えん!やっぱりバスに乗ってでも、病院へ行っときゃよかった!」と騒ぎ始めました。
私は、責任を感じてしまって、地元の三原市、尾道市、世羅郡、福山市、広島市、タウンページに載っている全ての総合病院に電話しましたが、当直医で眼科の先生がいる病院は1件もありませんでした。
でも、最後に電話をかけた広島市の病院で、耳寄りな情報を聞くことが出来ました。
名前は出しませんが、尾道市の総合病院に耳鼻科の当直医がいて、どうにもならないときには、眼科の先生を呼び出してくれるというのです。
私たちは、近いし、すぐに電話をして行きました。
耳鼻科の先生は、「網膜剥離ですね。眼科の先生に連絡をとってみますから、お待ち下さい」と言われて、安心しました。
しかし、再度呼ばれて、「緊急性はないので、明日の朝、診察に来て下さい」と言われ、不安になりながら帰りました。

朝一、いつも診ていただいている眼科の先生の所へ行くと、緊急を要するものだったのです。
そして、すぐに手術が出来る病院を探してくださり、紹介状を書いてくださり、「向こうは準備をして待っているそうだから、急いで行って下さい」と言われ、入院準備もそこそこに、急いで行きました。
しかし、手違いで、手術は明日になってしまいました。

明日は手術です。
鳥さんのブログを書こうと思いました。
でも、書けませんでした。

みなさんの所へ、お邪魔しようと思いました。
でも、行けませんでした。
ごめんなさい。
今は、そういう気持ちになれません。

明日の手術が無事に終わってからか、それより先か、まだ分かりませんが、落ち着いたらまたお邪魔します。
鳥さんブログも更新しますので、よろしくお願いします。

Tiara


母スナ(ルビーちゃん)と、仔スナたち

親スナ、仔スナ
今朝、脱走劇がありました。
ケージに大穴が空いてて、父スナ(レオンくん)と、仔スナ1匹が脱走してました。
主人と体の自由が利かない私とで、必死に捜しました。
仔スナはすぐに捕まえられたのですが、レオンくんがすばしっこくて、なかなか捕まえられません。
追っかけ回して疲れてヘタっていると、ラッキーなことに目の前にレオンくんが!
ぐわしっ!!
「捕まえたあ!!」
「よしっ!ママ、よぅやった!絶対に離すなよ!プラケースは!?」
「うさぎ部屋」
「取ってくるわ」

「これ。入れて。よっしゃ!あー、疲れたのぉ。オス、メス、別々にしとくんじゃろ?ケージ、買いに行かにゃいけんのぉ。」
スナネズミのことをブログに書いてらっしゃる方にアドバイスいただいて、オスメス別々にすることにしました。
仔スナは、7月末に母スナから離します。
これ以上、増やす気はありません。

上の写真の母スナの両サイドに、仔スナがいるのが分かりますか?
今、3センチくらいです。
可愛いですよ。

バードテント

りおんくんと、ちくわちゃんに、バードテントを作りました。
「左手首どうかなぁ、、、。やばいかなぁ、、、。」と思いながら作ったバードテント、完治していない左手首が、パンパンに腫れました(笑)
でも、出来上がったら嬉しいもので、フラフラしながらケージにつけてたら(一気に作ったもので、貧血が、、、。)
、主人に怒られました(笑)
取り付けると、すぐにちくわちゃんが入ってくれました。
出たり入ったりしながら遊んでみたり、じーっとくつろいでみたり。
頑張って作って良かった。
りおんくんも、遅ればせながら、やっと入ってくれました。
大きめに作ったつもりなんだけど、ちょっと狭かったかな?

犯行の動機

そらちゃん
正面から餌入れに行けばすんなり食べられるのに、横から行って食べようとしている、セキセイインコのそらちゃんです。
それも放鳥時に、よそ様(ウロコインコ)のケージで盗み食いを企てているそらちゃんです。
このあと、しっかり食べて、何も無かったように遊びに行ったのです。
ウロコインコちゃんたちには、ペレットをあげています。
そらちゃんたちには、ネオ・フードをあげています。
どちらも総合栄養食です。
そらちゃんは、ペレットを狙っての犯行でしょうか?
いつもと違う味を、堪能したかったのでしょうか?
犯行の動機は分かりません。

興味ございません

りおんくんとつくねちゃん
放鳥時、りおんくんとつくねちゃんを一緒にしてみました。
でも、お互い知らん顔。
顔を見ようともしません。
それよりも、離れて行くばかり。
何度くっつけても、知らん顔。
興味ございません、と言わんばかりに離れて行きます。
とうとう、自分の愛する相手の元へ飛んで行きました。
お友達付き合いくらいなさればよろしいのに、、、。

オスはメスに弱い?

つくねちゃん
焼き鳥夫婦のつくねちゃんです。
オカメインコって、仲良くなるまでに少し時間がかかるみたいなんです。
ねぎまくん、止まり木にブランコの片方が当たるのを、境目にしてるみたいなんです。
向かって右につくねちゃん、左にねぎまくんって感じです。
でも、つくねちゃん、積極的なんです。
必死にアピールしてみたり、ブランコギリギリまで寄って行ってみたり、ケージの周りを回ってみたりと、結構健気に頑張ってるんです。
最初はつくねちゃんも知らんぷりでした。
しかし、日が経つにつれ、つくねちゃんの猛アピールが始まったのです。
そして今日(昨日)、2羽が一緒にケージの下へ居るのを目撃!
今まで、一緒に居る所なんて見たことありませんでした。
オスって、メスの押しには弱いのかしらね?(笑)

謎である、、、。

ぴーちゃん
ぴーちゃんの残念な無精卵、、、。
それでも温め続けている無精卵、、、。
3個あった。
病院のリハビリから帰って来て、玄関の外に割れた卵を発見!
なぜに⁉
「パパ、ぴーちゃんの卵やろ⁉」
「なんでこんなとこにあるんな⁉違おうが?」
「でも、サイズ的に、ぴーちゃんやで?なんでこんなとこにあるんや⁉」
家に入って、ピーちゃんの巣箱を確認する。
「あっ!卵が2個しかない!パパ!さっきの、やっぱピーちゃんの卵や!2個しかない!」
「なんでな⁉どうやったら、1個外に出るんな⁉」
「わからん。なんでやろ?」
謎である、、、。

僕も負けないよ!

りおんくんとちくわちゃん
りおん&ちくわご夫妻です。
なかなか放置時にボーッとしか出来なかった(飛べなかった)りおんくんですが、自由に飛び回ることが出来るようになりました。
ちくわちゃんが飛んで行くと、りおんくんも負けずに着いて行きます。
りおんくんが飛んで行くと、ちくわちゃんも着いて行きます。
2羽はいつも同じ所へいて、離れません。

今日は、赤ちゃん用の100%りんごとキャロットジュースを、2羽仲良く飲みました。
ちくわちゃんのほうが長く飲んでたのを、りおんくんは側で飲み終わるのをずっと待っていました。

本当に仲の良い夫婦です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。