小鳥のおうち

シロハラインコ、ウロコインコ、小桜インコ、セキセイインコ、文鳥などを飼っています。その仔たちの普段の様子を書いています。

2013年05月の記事

レモンちゃんのトイレ

放置時、レモンちゃんがなぜかよく行くのが主人の頭の上。
「あっ、行ったよ」と、私はニマニマ。
「どこにぃ?」と主人。
スキンヘッドなのに、わかんないの、、、?
「誰が来とるんなぁ?」と主人。
「レモンちゃん」と、ニマニマ顔の私。

「あっ、やったー‼」と私。
「なにをー?」と主人。
「う○こ!」と私。
「またか〜」と主人。
「ハイ、ティッシュ!」と私が拭いてあげる。

主人の頭、レモンちゃんのトイレになっている(笑)
私の期待を裏切らない、レモンちゃん。
毎回、笑かしてくれる。


スポンサーサイト

うっと〜り

写真を撮ろうとすると寄って来るので、写真はないけれども、ウロコインコのちくわちゃん、先日新しく購入してやった、鏡付きの止まり木が大のお気に入り。
鏡に映る自分にチュッチュッしながら、うっと〜り。
鏡の前から離れようとしない。
かなり気に入ったようだ。

オモチャは木で統一しているんだけど、木のオモチャは本当にいい。
色付きの物は使用せず、ナチュラルな木が安心して与えられる。

鏡に映った自分にうっと〜りするのはいいけれど、李音くんが来たら、どうするのかな?
李音くんにうっと〜りして欲しいと思うママであった。

カラージャービルの赤ちゃん

カラージャービルの赤ちゃん

今朝、いつものように掃除と餌やりに行くと、トイレゾーンが寝床になっている。
♂のレオンくんが陣取って、何やらチーチー聞こえる。
何で、こんなとこ、寝床にしたんかなぁ、、、と思いながらも、どうも、チーチーという鳴き声が、レオンくんの鳴き声ではない。
しばらく様子を見て、レオンくんが居なくなるのを待ってみる。
しばらくすると、レオンくんが居なくなり、その下から2匹の可愛い赤ちゃんが姿を現した。
「やったー‼パパ!パパ!レオンくんに赤ちゃんが出来たよ!」
「えっ!?何匹な?」
「2匹!」
「たった2匹かぁ、、、。」と、ちょっと残念がる主人。
今年の春先に♂のレオンくん、ちょっと遅れて♀のルビーちゃんをペアにした。
まだ若い仔たちだったので、まだ赤ちゃんは無理かなぁ、、、でも、ネズミやし、、、と、気を長くして待っていた。
それが、今日、やっとご対面出来たのである。嬉し〜い!
どんなカラーになるんだろう(ドキドキ?)
どうか、元気に育ちますように。

キィちゃん、動物病院へ行く

コガネメキシコインコのキィちゃん、くしゃみが止まらない。
本を読んで「これは、病院だ!」と、連れて行く。

人気の病院なので、少ない午前中でも、待ち時間1時間30分。疲れた〜。

検便は異常なし。
いろいろ診ていただいて、「鼻炎」。
お薬を処方していただいた。

「あのぉ、うつりますか?」と聞くと、「うつりますよ。隔離して下さい。」と先生。
「ウロコインコちゃんと遊ばせたんですけど、、、。」と言うと、先生ガックリ。
「遊ばせる前なら、遊ばせないでって言えたんですけど、、、2週間ほど様子を見て、くしゃみをするようなら、すぐに連れて来て下さい。」と先生。
あらま、、、。
小桜インコちゃんとも遊ばせちゃったわよ、、、。
しかたないかぁ。
うつったら、うつったとき、みんな病院へ行こう!

イヤイヤイヤ!

小桜インコのチェリーちゃん、レンちゃん、ライムちゃんの3羽、とうとうクリッピングした。
放鳥後、とにかく帰るのを嫌がって逃げ回る、この3羽、、、。
貧血のある私はくたくたになって、めまいがしてクラクラ。
可哀想だけど、主人と相談して、クリッピングした。
まぁ、飛べるし(飛行距離は短くなったけど、、、)、ケージに戻すのが楽になった。
ごめんね、やんちゃっ仔。

待ち遠しい♪───O(≧∇≦)O────♪

6月2日の日曜日、遅くて7日の金曜日、愛知県のブリーダーさんの所から、ウロコインコちゃんがやって来る!
どれだけ心待ちにしていたことか!!

今日、ブリーダーさんから連絡を頂いたとき、心踊った。

ちくわちゃんのDNA鑑定の結果も出たそうで、ちくわちゃんは、「女の仔」だった。
それで、男の仔が今度は来るわけだけど、もう名前を決めてしまった。

家族会議の始まり。
名前候補がどんどん出てくる。
決定権は、私にある。
2時間ほど家族会議はかかり、やっと決まった。

名前は、、、ジャジャーン!
「李音(りおん)くん」
意味は、李は実が沢山なる「すもも」ののことで、子孫繁栄の象徴をあらわす。ちくわちゃんと沢山の子供をつくって、その声(音)が沢山聞けるように、、、という意味。
あと、私の好きな「桜梅桃李(おうばいとうり)」ーそれぞれの花には、それぞれの花の美しさがある。自分らしく生きて行こうーという言葉からも取っている。

465ロングケージも買ったし、オカメインコ用のかなり大きい巣箱も買ったし、準備万端!

あとは、李音くんが無事に到着することと、ちくわ(築輪)ちゃんとの相性が合うこと。
今は、それを願うだけ。


たまにはワンコなんてどうですか?

ティアラ

ちくわちゃんのことが大好きでたまらないワンコ、ミニチュアダックスフンドのチョコレートダップルのティアラちゃんです。
只今、お寝んね中です。
とても賢い仔で、やって欲しいことを聞くと、ピョンピョンピョンと3回飛び跳ねます。
自分の意思に反することだと、飛び跳ねません。
よく一緒に連れて出掛けるのですが、車の中で長時間待たせないといけないときは連れて出られないので、一緒に出掛けたがって玄関まで着いて来ても「お留守番よ。」と言うと、部屋のドアの中まで入って行きます。
私が出先から帰って来ると、いつもドアの前で座って待っています。
「ただいま、ティアちゃん。待たせてごめんね。いい仔にしてた?」と聞くと、3回飛び跳ねます。
部屋を見渡すと、散らかっていません。
「いい仔じゃたねぇ。おいで。」と言うか言わないかのうちに、ベッタリ甘えて来ます。
しばらくももぐってやると落ち着いて、お気に入りのオモチャを持って来ます。
「これで遊ぶの?」と聞くと、3回飛び跳ねます。
ティアラは、オモチャのロープを投げて貰って取りに行く遊びが大好きで、飽きるまでやります。
ティアラは、私が何か用事をしているときには、絶対に「遊んで」とは言いません。
ブログを書いているとき、本を読んでいるときなどがそうです。
その代わり、お茶を飲んでゆっくりしているときには、見逃しません。
「遊んで!遊んで!」のピョンピョンピョンが始まります。
私は、「ティアちゃーん、ゆっくりさせてよ。」と言いながらも、普段お利口さんにしているティアラに負けてしまいます。
ティアラは、いつも私と行動を共にします。
そんなティアラが、可愛くて仕方ありません。

みんな一緒に(≧∇≦)♪

みんな一緒に

今日は、別々に放鳥していた仔たちを、みんな一緒に放鳥してみた。
ケンカするかなぁ、、、と心配していたけれど、そんなことは全然なく、みんな仲良く飛び回ったり、相手をつついてみたり、私の所へ来てももぐられてみたりと、自由な時間を過ごしていた。
写真は小桜インコばかり5羽いるんだけど、分かるかしら?
ウロコインコのちくわちゃんも出ていたんだけど、写真を撮ろうと近づくと、私の所へ来てしまうので、結局一緒にいる写真は撮れなかった。残念、、、。

しばらーく遊ばせて、それぞれのケージへ帰らすのが大変だった。
みんな帰るのを嫌がって、逃げる逃げる、、、。
最初は指の上に止まらせて、ケージの入口へ連れて行くんだけど、脱走!
まぁ、君はあとでいいや、、、と次の仔を迎えに行くも、またもや脱走!
脱走!脱走!脱走!
嗚呼あっ!!!
がしっ!がしっ!がしっ!
可哀想だけど、逃げ回る小桜インコちゃんたちを鷲掴みにして、ケージにポイポイ入れて行く。
ちくわちゃんも嫌がる。
しかし、小桜インコみたいに機敏じゃないので、結局ホイッと簡単に入れられてしまう。
「眠たそうにしてたじゃないの、ちくわちゃん。お目々がホチホチしてたよ。お寝んねしなさい。」と声を掛ける。
寝るのかと思いきや、お食事中のちくわちゃん。
やっぱり食べるのね。


キィちゃん、初めてのおしゃべり

キィちゃん、初めてのおしゃべり

キィちゃんが、今日、初めておしゃべりをした。
記念すべき第一声は、「キィちゃん」だった。
「キィちゃんがしゃべったぁ!キィちゃん、言うたぁ!」と娘。
「確かにキィちゃん、言うたねぇ!」と私。
二人とも、興奮状態である。

キィちゃんは、娘が欲しがって、1カ月程前にペットショップで購入したばかりの、2代目キィちゃんである。

インコやオウムはおしゃべりが出来るし、芸も覚えるし、飼っていて本当に面白い。
いろいろ飼ってきたけど、一番賢いと思ったのは、お星様になってしまったヨウムのヨウちゃん。
賢くて、甘え上手で、おしゃべりも上手、芸も達者という、言うことなしの仔だった。
ヨウムは、機会があれば、また飼ってみたいと思う。

ライムちゃんとレンちゃん

ライムちゃんとレンちゃん


右がライムちゃん、左がレンちゃん。
この2羽は、いつも引っ付きモッ付き。
とにかく仲がいい。
1番賑やかな2羽で、テレビのボリュームを上げないといけなくなるくらい、とにかく賑やかである。
ライムちゃんとレンちゃんが鳴き始めると、レモンちゃんやチェリーちゃんまで鳴き始める。
ピーちゃんとちくわちゃんは余り鳴かないが、とにかく我が家は鳥の鳴き声の大音量で、主人と私は苦笑いをする。
「テレビ、全然聞こえんのぉ。」と主人。
「大きゅうしたら?」と私。
「ほうじゃのぉ。そうするか。」と主人。
毎日の会話であったが、最近は、主人も当たり前のようにテレビのボリュームを上げるようになった。

主人のお気に入りはピーちゃんで、先日里子に迎えた仔で慣れてはいないんだけど、「ノーマルって可愛いのぉ。こんなに可愛いとは思わんかった。ほんまに可愛いわぁ。」と、毎日のように言っている。
私は主人に任されて、小桜インコはペットショップへ頼んで「色変わりの、それもレアな仔を入れて下さい。」と、いつも日にちを掛けて色変わりを購入していたのに、ノーマルが1番だったなんて、、、。
ちょっとショックだった。
主人も、「変わっとるのぉ。」と喜んでくれていたのに、、、。

まぁ、いいや。
私は、みんな可愛いから。
それぞれ個性があって面白い。
ママは一生懸命お世話するから、みんな長生きしてね。

頭を突っ込んで、、、。

放鳥時間にレモンちゃんと一緒にしっかり遊んだちくわちゃん。
ケージの上でうとうと、、、。
ケージに戻してやると、餌を食べ始めた。
ちくわちゃんって、食べているか、ブランコで遊んでいるかのどっちかだなぁ、、、と思っていると、餌入れに頭を突っ込んだまま寝ている。
ちょうど主人が休みで家に居たので、小声で「見て。可愛いよ。」と言うと起きてしまい、また餌を食べ始めた。
しばらくすると、また餌入れに頭を突っ込んだまま寝ている。
また、主人に声をかけると、今度は本気寝だったらしく、そーっと側に寄っても起きない。
鳥って神経質なのに、起きない。
30分ほどしか遊んでないのに、そんなに疲れちゃったの?
かなり飛び回ってたからなぁ、、、。
その姿、可愛すぎるぞ、ちくわちゃん。

ちくわちゃん、ご機嫌である

ちくわちゃんがケージへ移ったことだし、通販で色々おもちゃを注文した。
ただ1個だけ、こだわりたいブランコは、ホームセンターで選んで来た。
こだわりは、ブランコに着いているベルの色。
ピンクか赤が良かったから。
ホームセンターに行ってみて正解。
同じブランコでも、ベルの大きさが違う。
ピンクはベルが小さくて、きつきつに着いていて、音が鳴らない。
赤はベルが大きくて、余裕があり、音もちゃんと鳴る。
私は赤を購入。

帰って早速付けてやった。
ちくわちゃん、嬉しいのか、止まり木から何度もジャンプしてはブランコに揺られ、降りてはまたジャンプしてブランコに乗り、を繰り返していた。
そしたら、だんだんブランコが手前へ寄って来て、とうとうケージにぶち当たる所まで来てしまった。
「うーん、、、。どこへ付ければいいんだ、、、?」
と、下から覗き込んでみる。
「あっ!いいとこみっけ!」
絶対に移動しない所を一カ所見付けた。

それからは、移動しないブランコに、ちくわちゃんご機嫌である。

お友達が出来たよ

お友達が出来たよ

ウロコインコのちくわちゃんと、小桜インコ(タイガーチェリーのぶち)のレモンちゃんが、お友達になった。
お互い一羽者同士。
ちくわちゃんの放鳥時、小桜インコのペアのケージの上へ乗ると、凄い攻撃を受けていたが、レモンちゃんのケージの上に乗っても、レモンちゃんが寄って来るくらいで、攻撃はされなかった。
そこで、ちくわちゃんの放鳥時に、レモンちゃんも出してみることにした。
すると、すぐに打ち解けて、写真のような状態。
可愛いなぁ。

ちくわちゃんの水浴び

昨日も暑かった。
外の気温、33度。
夜も7時頃になると、25度位まで下がったが、密閉度のいいうちのマンションは、部屋の中は27度とちょっと暑かった。
ちくわちゃんも暑かったんだろう、水浴びをしていた。
その間、私はお風呂へ。
お風呂から上がってみると、ちくわちゃんは水の中にダイブしたのかというくらい胸の辺りがグッショリ!
専用の水浴びの容器がいるかなぁ、、、。

そう言えば、先代のコガネメキシコインコは、直接水道から水浴びしていたなぁ。
それも、水道水じゃなくて、浄水器から出る水限定という贅沢な仔だったけど、、、。

ちくわちゃんもやってみるかな?


ちくわちゃんの成長

ちくわちゃんが、とうとう一人餌になった。
嬉しいような、寂しいような、、、。

今まで、「ケケケッ!」とご飯をねだって、「ちくわちゃん、ご飯なの?」と聞くと、「ケケッ」と応えていたちくわちゃん。
やっぱり寂しい、、、。

でも、成長したことを喜ばないといけないね。
にしても、食べてばっかりのちくわちゃん。
「遊ぼ」って言うのを、ためらってしまう。

本 ペット・ガイド・シリーズ 「ザ・コニュア」!

本  ペット・ガイド・シリーズ  「ザ・コニュア」!
手に入りました!
それも、新品、定価!
徹夜して、一晩かけて、インターネットで全国の本屋さんを探して、やっと1冊見つけました!

朝、主人を仕事場まで送り、その帰りに病院へ行きリハビリをし、帰ったら9時半。
本屋さんが開くまで、あと30分。
開店と同時に電話をしようと思い、待つ。

こういう時の30分って、永いもので、なかなか時間が経たない。

やっと、2分前ってときに、母からの電話。さっさと切る。

開店時間が過ぎているではないか!
すぐに電話。
内心、「まだあるかなぁ、、、。」と、不安に思う。
調べて貰うと、まだあった!
すぐに発送してもらう手続きをしてもらう。

ヤッホッホーイ^_^

そして、届いた。

早速開けてみる。
カラフルー!
いろんなコニュアが載っている。
なかなかいい!
買って良かった!


インコちゃんたちのお引越し

今日は、ウロコインコのちくわちゃんにヒーターがいらなくなったこと、よく飛ぶようになったこともあり、465ケージが届く迄の間、ちくわちゃんを小桜インコのペアがいた35ケージへお引越しさせた。
小桜インコのペアは、少し小さめのケージへ、少し小さめのケージへいた小桜インコは、もう少し小さめのケージへそれぞれお引越しさせた。

お引越しをしたメンバーたちは、最初は戸惑っている様子だったが、すぐに慣れたようで、それぞれニューライフを満喫しているようである。

ちくわちゃんだが、挿し餌が今日から1回になった。
でも、挿し餌はほとんど食べない。
ただ、甘えているだけなのかなぁ、、、。
シードとペレットを、ずっと食べている。
今朝、新しいシードとペレットを与えたのに、夕方にはまた新しいシードとペレットを与えた。
とにかくよく食べる。
一日中、食べている。
あんなに食べて、大丈夫だろうか、、、。

あっ、ちくわちゃんはニギコロがどうも苦手なようである。
楽しみにしていたニギコロ、、、。
嗚呼、ニギコロが、、、。


本 ペット・ガイド・シリーズ 「ザ・コニュア」

「ザ・コニュア」という本をインターネットで見つけた。

「欲しい!!」と思い、探してみるも、廃盤らしい。
どこを探してもないが、あるところにはあった。

定価3,150円が、5,000円~6,000円超えする。
主人に相談。
「はあぁーーーーー!?」と言われた。

でも、ウロコインコの繁殖を考えている私は、是非一読してみたい。

追いかけ回して、、、。

チェリーちゃんとピーちゃん
小桜インコの右がチェリーちゃん、左がピーちゃん。
チェリーちゃんのケージへ、里子に来たピーちゃんを入れてみた。
最初はケンカをしていた2羽。
私は、何かあってはいけないと、様子を見守った。
一日経ち、二日経ち、だんだんチェリーの方が、距離を保つようになり、そのうちピーちゃんを追いかけ回し始めた。
ピーちゃんは逃げるばかり、、、。
それは毎日続いた。

だが、今日、晴れてチェリーの想いは通じたのである。
寄り添う2羽。
良かったね、チェリー。

里子に迎えた小桜インコのピーちゃん

先日、岡山県から里子に迎えた小桜インコのピーちゃん。
本名「ピーコ」

うちの主人が、「なんか、あれじゃないか?」と。
「あー。」と私。

すぐに分かった。
「おすぎとピーコ」

「ピーちゃんにしようか?」と私。
「ほうじゃのぉ。それがええのぉ。」と主人。

里親様、すみません。
「名前を変えてもいい」ということだったので、ピーちゃんにさせていただきました。

コガネネキシコインコのキィちゃん

コガネネキシコインコのキィちゃん
母が怖がっている、キィちゃんです。
可愛いのに、、、。

何故か、、、。

コガネネキシコインコのキィちゃん、何故かわざわざ怖がる私の母の元へ飛んで行く。
その度に「ヒャーッ!」っと言う、私の母の悲鳴が聞こえる。

何故、母がそこまで怖がるかというと、以前飼っていたコガネネキシコインコがとても凶暴で、私のTシャツの胸元の中で待機し、他の人がいると飛んで行き、思いっ切り噛み付いて帰って来る、という凶暴さ。
母は、その被害者の一人である。

今度の仔は大人しい仔なんだけど、母は、昔を思い出すらしく、「怖い」と言う。

そんな母の気持ちとは裏腹に、キィは何度となく飛んで行く。
その度に、母の悲鳴がこだまする。
「ちゃんと持っといて!」と母。
「いやぁ、キィちゃんが勝手に飛んで行くし。前の仔とは違ってやおい(気性が柔らかい)仔じゃけん、大丈夫よぉ」と私。
「分かっとるけど、前の仔を思い出すんよ」と母。

気持ち切り替えて、接してやって下さいませ、母上様。

ちくわちゃんが飛んだ日

昨日の朝、挿し餌の後、いつものように肩に乗っていたちくわちゃん。
うちのワンコはちくわちゃんが大好きで、ちくわちゃんが気になってしょうがない。つい、ちょっかいを出してしまう。
そんな時、「パタパタパタ〜!」
ちくわちゃんが初めて飛んだ‼
感動の一瞬であった。

ちくわちゃんのDNA鑑定

今日起きたら、朝一で、ちくわちゃんの爪をちょっと深く切って、採血カードに血を採り、愛知県のブリーダーさんに送る。
DNA鑑定で、ちくわちゃんが♂か♀か調べて貰うためである。

痛いだろうなぁ(泣)
可哀想だなぁ(泣)
ごめんね、ちくわちゃん(泣)

でも、今度迎える仔で、ちくわちゃんとの繁殖を考えてるの?
「あなたの子供が欲しいの!」ってセリフをよく聞くけど、まさにそれ!
可愛い、可愛い、目の中に入れても痛くないほど可愛いちくわちゃん?
ちくわちゃんの赤ちゃんに、挿し餌をあげたい?
それが、今の私の夢。

ウロコインコのちくわちゃん

ちくわちゃん

ウロコインコのちくわちゃん

同じく、ちくわちゃん

ちくわちゃんの死!?

「えっ、、、。」
茫然と立ちすくむ私に、主人が近寄って来た。
「どうしたんなぁ?」
と、主人。
「ちくわちゃんが、、、。」
半泣き状態、パニック寸前の私。
ちくわが倒れていたのである。
主人も慌てた!
主人が、ちくわちゃんの入っているケースを「ちくわ!!ちくわ!!」と言いながら揺らす。
ちくわちゃん、ムクッと起き上がる。
「ケケケッ!」
と、ちくわちゃん。
私たち「、、、。」

ちくわちゃん、寝ていただけである。
横になって、寝ていただけである。
ウロコインコを初めて飼いだした私たちには、習性が解らず、とにかく二人ともパニクった。

次の日、フェレット用のハンモックを用意した。
ちくわちゃんを入れてみる。
おっ!なかなか快適そうだぞ。
気に入ったみたいである。
大きなケージにお引越ししたら、ハンモックを入れてやってみよう。

初めてのブログ

ここまで辿り着くのに、てんやわんやであった。
我が家で飼っているインコたちとの生活を綴ろうと思い立ったのが、そもそもの間違いであったのかもしれない。
機械音痴の私が「やろう」なんて、思ってはいけなかったのかもしれない。
約2時間、ああでもない、こうでもない、と格闘したのである。
「バカな奴」と思われるかもしれない。
でも、憧れのブログを立ち上げたのである。
嬉しい〜(泣)

さて、「小鳥のおうち」と名乗ったので、やはり、我が家の小鳥たちを紹介したいと思う。
まず、小桜インコ(全て色変わり)の、レモン、ライム、チェリー、レン、文鳥のさくら、コガネメキシコインコのキィ、ウロコインコのちくわ、以上7羽。

みんな、ヒナのときから挿し餌で育てた。
ちくわはまだヒナで、挿し餌をしている。
夏前には、もう1羽、ウロコインコが増える予定。今、シナモンにしようか、パイナップルにしようか悩み中なんだけど、だんだんパイナップルに気持ちが揺れ始めている。

ちくわは、どうも♀のようなので、今度は♂が欲しいと思っている。
でも、ヒナのうちは♂♀の判定が難しいので、DNA鑑定をしてもらうことになる。
ちくわは、岡山県のブリーダーさんから購入したんだけど、今度は、愛知県のブリーダーさんに予約を入れた。
ペアにしようと思っているので、近親交配を避ける為である。

ところで、「ちくわ」って名前、ふざけてるのかなって思うでしょ?可愛いって思ってくれる人もいるかもしれない。ちゃんと意味があるんだよ。漢字で「築輪」と書く。「竹輪」じゃないよ。「築く輪」。「広く輪を築いて行って欲しい」という思いが詰まった名前なの。意味を聞いたら、納得かなぁ?